高崎市における薬剤師の求人状況

薬剤師4

群馬県高崎市で仕事を探そうと考えている薬剤師は求人状況をまず把握しておきたいと思うでしょう。地域的な状況を正確に把握することでより良い求人を選び出せるようになるからです。

高崎市における薬剤師の求人状況はどうなっているのでしょうか。募集の多い施設や内容の傾向について詳しく紹介していくので有効活用して下さい。

療養型病院における薬剤師の求人の状況

調剤薬局の求人が多い高崎市

高崎市での薬剤師求人は調剤薬局が主体になっています。高崎市は群馬県の中でも病院やクリニックが集中している医療の中心地になっているのが特徴で、地域的に処方箋の枚数も多くなっていることから調剤薬局の需要が高くなっています。

その影響で次々に新しい調剤薬局が設置されてきましたが、その数に見合った形で薬剤師の供給が進められていないのが実態です。東京などの都心部に比べると人気が低いエリアなのは確かで、若干の人材の流出も起こってしまっています。

しかし、必要性が高い状況が続いているのは確かなので、活発に採用活動が進められているのが現状です。

診療科目が限定されている調剤薬局が多いのも特色

調剤薬局と一言で言っても色々な種類のものがあるというのを知っている薬剤師も多いでしょう。大別すると病院の門前薬局、クリニックの併設薬局、街中にある主に個人営業の薬局に分けられます。この中でも高崎市に多いのは病院の門前薬局とクリニックの併設薬局です。

裏を返せば、病院やクリニックで処方箋をもらったらすぐに近くの調剤薬局で調剤してもらうという流れがしっかりと確立されている地域だと考えることもできるでしょう。そのため、街中にある薬局の需要があまり高くなく、ドラッグストアも調剤対応をしていることがあってもあまり処方箋枚数は多くないというのが実態です。

門前薬局や併設薬局では病院やクリニックでどのような治療を行っているかによって処方箋枚数も処方箋の内容も異なります。高崎市では専門病院や専門クリニックが多い影響で、調剤薬局で対応する診療科目が限定されている場合がほとんどです。

産婦人科だけ、内科と耳鼻科だけ、精神科と心療内科だけといった形でかなり限定した診療科目になっている調剤薬局が多くなっています。

薬剤師にとっては対応できなければならない医薬品数が少なくて済むので働きやすいと言えるでしょう。ただ、総合病院の門前薬局や、クリニック街にある併設薬局では診療科目数が多くなりがちです。キャリアアップには適していますが、働きやすさという点では注意しなければならないでしょう。

病院薬剤師の募集も多め

医療が充実している都市である高崎市では病院の数も多いことから病院薬剤師の募集もしばしば行われています。大病院や大学病院からの募集はあまりありませんが、中病院や小病院からの募集は常にいくつか見かけられる状況があります。

専門病院が多いことから対応しなければならない医薬品の数は少なくて済むものの、最新の医療情報についての知識が求められていて、医薬品情報管理についての業務量が多い傾向があるのが特徴です。注射調剤などの病院ならではのスキルも求められることから、経験のある薬剤師が重宝されています。

あまり未経験者を採用しているケースがないので、病院薬剤師に転職したいというときには注意しましょう。

正社員や正職員での採用が中心的

薬剤師7

高崎市の求人では正社員や正職員の採用が大半を占めていて、パートや派遣の募集はあまり多くありません。地域的な傾向として安定した生活基盤を手に入れられるように仕事を手に入れたいという傾向が強いのが特徴で、その期待に応える形の求人が出されています。

パートで働きたいという場合にも募集が見つかるのは確かですが、正社員や正職員の募集に比べると数が少ないという点には留意しておきましょう。

大手なら未経験でも応募可能

未経験の仕事をしたいという薬剤師も多いですが、高崎市では未経験でも働くことができるのでしょうか。調剤薬局やドラッグストアでは未経験の薬剤師も歓迎している求人が見かけられます。ただ、どこでも歓迎しているというわけではなく、大手の調剤薬局やドラッグストアが中心的です。

大手の場合には新卒の人と同じように教育研修を行う体制が整えられているため、ポテンシャルがある人なら積極的に未経験でも採用するという方針を立てていることが多くなっています。

ドラッグストアや企業でも働ける

高崎市では調剤薬局や病院からの求人以外にもドラッグストアや企業からの求人も見かけられます。全体数が少ないのは確かではあるものの、仕事の性質が異なるので候補として考えてみるようにしましょう。医薬品の管理が主な業務になる現場が多いのが特徴で、調剤や服薬指導の業務が発生しないところが多くなっています。

調剤併設型のドラッグストアを除くと、基本的には管理業務を担うことになるので、管理薬剤師として働きたい人には魅力が大きい求人です。

希少な求人は競争になるので注意

高崎市では、求職活動をしている薬剤師が比較的多いので競争があるということは念頭に置いておくことが大切です。常時募集されている調剤薬局からの求人ではあまり競争することはありませんが、病院や企業からの求人については多くの人が応募して競争になる傾向があります。

募集が始まってからすぐに求人が取り下げられてしまうこともあるので、調剤薬局以外で働きたいと考えている場合には常に新着求人の動向を把握しておくようにしましょう。

失敗しないためには情報収集が必要

薬剤師が高崎市で転職に失敗しないためには情報収集に力を注ぐのが重要です。調剤薬局に転職する場合でも候補がたくさんあり、現場の状況には大差があります。病院や企業についても同様で、募集があったときに本当にそこで良いのかを速やかに見極められなければなりません。

希望する職場の種類を決めて、十分に情報収集をして候補を決めるのが失敗しないための基本です。実際に働いている人からの口コミなどの情報も集めていくことで現場の実態を把握し、納得して働ける職場を選び出せるようにしましょう。

高崎市では情報収集を重視して求人を選ぶのが大切

薬剤師8

高崎市では薬剤師の求人が調剤薬局や病院から多く出されています。専門クリニックが多い影響で診療科目が限られている薬局が多いのも特徴で、経験を活かして働けると待遇が高くなるでしょう。未経験者も募集している求人もある他、ドラッグストアや企業も候補にできる状況があります。

十分に情報収集をして納得できる職場を探し出しましょう。